風呂敷の豊富な使い方

HOME

風呂敷や手ぬぐいが再び注目を浴びています。

エコや古きよきものを見直そうという風潮の影響でしょうか。
ただ古いものをそのまま使うのではなく、新しい伊吹を
感じさせる登場の仕方をしているものがあります。それが風呂敷です。

唐草模様

昔は風呂敷といえば、唐草・・・というような、イメージだった
ように思いますが、今ではデザインがぐっとおしゃれになり、
現代的なものから、アートを感じさせるものまで
バリエーションも増えました。

手拭いは歴史上でどのように使用されてきた布?

いつも身の回りにあるのが当たり前に感じるからこそ、
手拭いの歴史に思いを馳せたり、実際にご存知の方は
案外少ないのではないでしょうか。

そもそも、手拭いは日本の織物の歴史そのものであるといっても
大袈裟ではなく、古くから麻や絹で平織りの布を作り、平安時代からは
麻を庶民が使い、絹を高貴なものが使用すると決められていたほどなのです。

現在は手拭いを作る素材としても一般的になっている綿は、江戸時代初頭に
大々的に栽培されて、織物に使われるまでは大陸よりわたってきたものが
中心になっていたために、絹よりも高価なものでした。

また、その頃の手拭いは、現在のように濡れた手や汗を拭くための用途には
使われず、もっぱら神仏の清掃道具などとして使用されることが一般的だったのです。

その後、さらに広く普及すると柄を染めるなどの工夫で、身を飾る物としたり
仕事のホコリよけなどさまざまな用途に便利に使われました。

明治時代になると、染色の技術がさらに進化して、複雑な図柄も
印刷されるようになりましたが、現代では使い勝手の点などから
手拭いそのものが廃れる傾向に陥っています。

アートのようなデザイン

眺めるだけでも満足!風呂敷の素敵なデザイン

単純にかわいい!と思わせる素敵な柄が沢山登場しています。
風呂敷だからとかではなく、一枚の布として素敵だなと感じさせるんです。

デザインだけでなく、風呂敷自体の使い方も、様々な結び方を
工夫した、かわいい持ち方も紹介されるようになり、
今までもただ、何かを包むということから、ぐっと可能性が
広がったと感じます。


ふろしきじゃなくても・・・と思うような使い方もありますが。
まさに布としての可能性を広げてくれるふろしき。

何より、柄が豊富なのも嬉しいところ。 使いたい用途や
気分によって、選択肢が沢山ある。
インテリアにも、バックとしても。

風呂敷ということにこだわり過ぎず、布として広い視点で
見てみると使い方が広がること。そして、そんな風呂敷の
新しい魅力にすっかりはまってしまい、このサイトを立ち上げました。


大好きなデザインのふろしきを見つけたら、毎日使いたい!
そんな気持ちで風呂敷たちを紹介したいと思います。
本当にびっくりするぐらい風呂敷が新しくなっているのです。


皆さんの今までの風呂敷への概念が変わるかもしれませんよ。
私は最近の風呂敷にそれぐらいの衝撃を受けました(笑)
世界中の風呂敷大好きさんへ、そして、このサイトを通して
風呂敷の新しい魅力に気づいていただけたら、感激です。

新しく出会う一枚を、楽しみにしています。

私もどんどん新しものを見つけたいなって思っています。
反対に良い情報も知りたいのです。
素敵な情報を仕入れてお届けできるように頑張ります。


集まれ★風呂敷LOVERS

COLUM・・・

風呂敷の柄

毎日使う